大きめの枠組み備忘録を愛用してます

今年は、大きめのメソッド手帳を購入して、愛用している。
今までは100円ところで売られているものを使っていたんです。
毎月年月日と週刊日程が書き込める余白がちょこっとある程度の、薄手の手帳です。
これだと、手提げ袋に入れても邪魔にならないな~としてたのですが、気がつくと、書くのを忘れてるってことも多かったんですよね。
どうにか年月日帳を買ったのに、適用できなくって、悔しい情熱を毎年していました。
今年は思いきって、スッキリ1頁が覚書帳になっているフォルムのメソッド手帳を買ってみました。
自身は、手帳に取り組むほど年月日が残るわけじゃなかったので、ならば、ノートとしても使えるように、大きめのを選んでみたんです。
これが、思っていた以上に使い勝手がよかったんですよ。
覚書を書くことはもちろんですが、その日察知雑学とか、テレビでみかけたおいしそうなお業者の体験を埋め込むのに便利です。
こうした、ちょっとしたメモって、あっという間に失くしてしまうことが多かったのですが、メソッド手帳に書く結果制圧できました。xn--haru-yl4cwbzb7qa5f7f0a4647i911jtima.biz